善玉菌を増やし便臭を軽減するシャンピニオン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

便が無茶苦茶臭いなぁと感じている方必見の内容です!

臨床実験で実証
善玉菌を増やして便臭を軽減するシャンピニオンの効果

シャンピニオンはキノコの一種で日本ではマッシュルームとして知られていますが、多くの有益な作用があることが分かってきました。

その代表が便臭を軽減する効果です。

 

便臭がきつくなるということは、腸内で悪玉菌が増えている証拠であり、それは、そのまま免疫機能の低下をはじめ、便秘や肌荒れなど、滞った有害物質による不調に結びつきます。

シャンピニオンは、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす作用があります。

腸内環境が良くなった結果、便臭は軽減して免疫機能は活性化してくるわけです。

 

老人施設

さて、便臭の問題で切実なのが老人施設です。

これを軽減すれば、お年寄り本人だけでなく、ケアする人たちにも大きなプラスになります。

そこで、老人保険施設の老人50人を対象としたシャンピニオンエキス配合のゼリー菓子を30日間摂取してもらう実験をしてもらいました。

その結果、ゼリー菓子摂取前は33%の人が便が臭いと答えていましたが、4週間後にはわずか4%まで減少。

その他、健康的な褐色の便が増加して、食欲や気分、睡眠などのQOL(生活の質)も摂取前に比べて有意に上昇していました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*