シンジャーエールを飲んだ朝はほとんど朝立ち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪に住んでいる私は、泊まりがけで東京方面へ出張するのですが、出張中はたいてい旧友たちと一杯呑みます。

お酒の飲めない私は、野菜サラダやピザをつまみにジンジャーエールを飲むのですが、不思議なことに、そんな飲み会があった翌朝は必ず朝立ちするのです。

 

最初はなぜ朝立ちするのか疑問だったのですが、そのうち、もしかしたら卜マ卜とショウガが効いているのではないかと思うようになりました。

サラダにもピザにもトマ卜がたっぷり入っており、ジンジャーエールの成分はショウガだからです。

そこで試しにと、コップ一杯(約200ml)の市販のトマ卜ジュースに、親指の先ほどの大きさのショウガをすりおろしたもの、それにスプーン一杯分のオリーブオイルを加えて、寝る前に飲んでみました。

すると案の定、翌朝にはしっかり朝立ちが見られました。

朝立ちには、やはりトマトとショウガが深く関係していたのです。

トマトには古くから催淫作用や強壮作用があるといわれており、最近では、さらにさまざまな角度からの科学的研究が行われてトマトの効能効果が解明されています。

 

トマトの成分と効果

そんなトマトの成分の代表が、赤い色素であるリコピンです。リコピンには強力な抗酸化作用(酸化を防ぐ働き)があり、考化防止やガン予防に効果的といわれます。

色素ですぐ思い浮かぶのはニンジンの黄色の色素であるカロチンでしょう。

カロチンにもすぐれた抗酸化作用があるのですが、リコピンの抗酸化力はカロチンの10倍も強いのです。

米国ハーバード大学のジオパヌッチ博士の研究によると、リコピンは特に前立線ガンの予防にすぐれた効果を発揮することがわかっています。

博士の研究によって、トマトやトマトジュース、トマトソースを使ったピザなどを週に2回以上食べている人は、まったく食べていない人に比べ前立腺ガンにかかる確率が30%前後低くなることが明らかになりました。

これは間違いなくトマ卜の成分、なかでもリコピンの作用によるものでしょう。

また、体内に入ったリコピンの行方を調べると、肝臓以外の臓器では睾九に蓄積される量が最も多いということがわかっています。

睾丸は精子をつくって生殖のカギを握る重要な器官なので、生殖作用にリコピンが深くかかわっていると考えられるのです。

実際に精液を調べても、男性不妊症患者の精液中には、健全な男性の半分以下のリコピンしか含まれてないという結果が出ています。

こうしたことをふまえ、不妊治療やED (勃起障害)の改善にリコピンを役立てる研究も進められています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*