ホルモンバランスを正常に戻してEDを改善するザクロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ザクロは古代から万能薬、秘伝薬として重宝されてきました。

古代ギリシャでは多くの医学書にざくろの効能が記載されていますし、

インド最古の医学書 アーユルヴェーダにもその効果が記載されているほどです。

まだ、古代ローマ時代に著された、世界最古の百科辞典と言われる
プリニウスの博物誌にもざくろは下痢止めや健胃剤として使われてきたほか、

嘔吐やしゃっくりを止める、頭痛や目の痛みの解消、潰瘍の改善など、
さまざまな効果を発揮するものとして取り上げられています。
このざくろは、女性ホルモンのエストロゲンという成分を多く含んでいます。

女性ホルモンの量は年齢とともに低下し、その結果、更年期障害として

ほてりやイライラ、情緒不安定、不眠などの症状をという引き起こすと言われています。

こうした更年期障害の治療としては、女性ホルモン(エストロゲン)を補充する方法が
よく用いられます。
ところで、女性ホルモンは名称には女性とついていても、男性には無関係

というわけではありません。

意外に思われるかもしれませんが、男性の睾丸からは、女性の5分の1ほどの量ながら
女性ホルモンが分泌されています。

そもそも健康な体とは女性ホルモンと男性ホルモンがバランスよく

保たれている状態なのです。

そのバランスが崩れると、身体のあちこちに不快な症状が現れます。
最も典型的なホルモン異常が男性の頭髪の薄毛で特に生え際の後退です。

遺伝などさまざまな要因もありますが、女性ホルモンと男性ホルモンの

バランスが崩れ、男性ホルモン過多になった結果起こる現象とも言われています。
また、前立腺肥大も、ホルモンバランスの異常によって起こる現象と考えられています。

前立腺肥大は、中高年の男性の多くが悩まされる病気ですが、
この前立腺肥大を改善するには、まずはホルモンバランスうぃ整えることが重要なポイントです。

そこで、大きな効果を発揮するのが、ざくろなのです。

ざくろによって前立腺肥大が改善したという報告は非常に多く、

ED(勃起機能不全)の改善にも役立つと言われています。
ざくろの催涙効果は博物誌やアーユルヴェーダにも記述があるほど、
昔から認められてきており、実際にも持続力が2倍になった
セックスの回数が増えたという体験談を耳にすることも多いのです。

ざくろに含まれる女性ホルモンのエストロゲンは、ホルモンバランスを正常に

保つだけでなく、男性の精液濃度を高めることが科学的にも証明されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*