前立腺肥大による残尿感・尿切れの悪さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前立腺肥大からくる残尿感や尿のキレの悪さは男性ホルモン不足による不快症状の中でも最も不快だと言われています。

 

ぺぽかぼちゃ

これらの悩みを改善することで有名なのがペポかぼちゃです。

ヨーロッパでは、前立腺肥大の予防や、治療に使う薬としてドイツ保健省から認可されています。

かぼちゃの種は肥大した前立腺を収縮させて排尿をスムーズにします。

日本ではほとんど知られていませんが、ドイツではペぽかぼちゃというかぼちゃの種から抽出したオイルが排尿障害に効くという事で、古くから研究されています。

ペポかぼちゃの種には、排尿などの調整にかかわりがあるリノール酸や筋肉強化に役立つトコフェノール、前立腺の新陳代謝を正常に戻す食物ステロールなども含まれており、生殖機能に使われる亜鉛や、血液中のヘモグロビン生成に欠かせない銅などのミネラルも豊富です。

 

かぼちゃの種の効果は?

それでは、かぼちゃの種がどの程度効くのか、調査された結果をご紹介します。

前立腺肥大に悩む男性60~70人を対象にかぼちゃの種を服用する前と後で、排尿の時間・量・スピードと前立腺の容量を比較しました。

すると、排尿時のスピードでは約90%の患者さんにはっあるかたはっきりとした改善効果がみられました。

前立腺の容積ではかぼちゃの種摂取後には平均18~20%、最大で25%も小さくなっていることがわかりました。

つまり、肥大していた前立腺が縮小し、尿がスムーズに出るようになっていたのです。

前立腺肥大の症状のあるかたは、専門医と相談のうえ、かぼちゃの種を試してみることをおすすめします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*